外国人技能実習生を雇うメリット

前もって従業員の皆に「日本の技術の良さを教えてあげて」と説明することで、
「国際貢献の社会的使命を果たしている」という誇りをもって仕事に向き合あって
いただくことができます。
 また、本制度を活用される企業様が、事業の国際化を図るチャンスです。
面接による訪問や実習生と接することで、新たな海外展開をイメージ
しやすくなるのも大きなメリットといえます。

  • Lorem
  • Ipsum
  • Dolor
実習風景

技能実習生受入れが企業にもたらす効果

外国人技能実習生を受け入れる企業には次のようなメリットが期待できます。
同じ会社の作業現場によっては、社員の”定着率”が悪く、求人募集も絶えずしても費用対策効果が出ないのではないでしょうか? 技能実習生を受け入れることによって、安定雇用による作業効率の良好化と生産性向上の効果が期待できます。

送り出し機関と契約風景

国際貢献・アジアへのビジネス拡大

外国人技能実習生は、日本の技術、技能を学ぶだけでなく、日本の文化や日本語を学んで帰国しますので、国際友好に大きく貢献しています。 そして、ベトナム・カンボジア・現地法人ではリーダーとして雇用されますので、取引拡大の可能性や、海外進出時の人材として活躍します。

実習生

企業の競争力アップに貢献

外国人技能実習生を受入れることにより、"経営の効率化"、"職場の活性化"、"人材の安定化"を計ることができるだけではなく、 近年多くの企業に求められているCSR(企業の社会的責任)の観点からも、 国際貢献活動として企業イメージを高めることが可能です。

国際バンク事業協同組合の特徴

国際バンク事業協同組合では、豊富な経験と実績をもとに外国人研修生・技能実習生を受け入れしております。 外国人研修生・技能実習生受入制度をご利用して頂くにあたり、まず、受入制度の概要や異なった風俗・習慣の外国人の受入れに 必要な知識や心構えなどを充分に説明ご納得いただき、企業様の外国人研修生・技能実習生の受け入れ体制を確立させて頂きます。 その上で 会員企業様と協議しきめ細かく作成された研修計画に沿って、受け入れから技能実習への移行・帰国までの各種手続の実施と研修の監理を行い、 徹底した指導、援助をさせて頂きます。

  • 実習生に対する講習が強化&義務

    実習実施機関(企業単独型のみ)又は監理団体による、技能実習生に対する講習(日本語教育、技能実習生の法的保護に必要な講義など) の実施が義務とされました。実習生を雇用する事で日本の産業界にお役にたちます。 人材育成による国際貢献をお考えの経営者・人材担当者の皆様、ご相談ください。

  • 受入れメリット

    一年毎に受入れ人数枠分採用でき、最大受入れ枠の3倍までの人材を確保できます。 すでに一年技能実習を受けた先輩が次の技能実習生を指導すれば管理も楽になります。 すべて契約に基づいて教育指導されていますので、問題があるときにはそこに戻るこ とができます。ですから突然職場を放棄するようなことはありません。

  • 送出し機関の実習風景

  • 特定技能1号・2号新設

    2019年4月より、建設業、造船・舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業、介護、ビルクリーニング、農業、漁業、 飲食料品製造業、外食業 素形材産業、産業機械製造業、電子・電子機器関連産業の14の業種での単純労働を含めた就労を 認める「特定1号」と、建設業、造船・舶用工業、自動車整備、航空業、宿泊業の5つの業種で家族滞在や 在留期間更新が可能な 「特定技能2号」という在留資格が新設されます。

  • 介護技能実習生向け教育

    介護技能実習生には高い日本語能力が求められます。実習が始まってからの負担を軽減するため、 介護に関する知識等を事前に学んでおくことが必要と考え、国際バンク事業協同組合は、 インドネシアの大学(看護学科)を優先に面接をしています。
    当組合はN4取得者を入国させています。

  • 最新ニュース

      2019/1/11・ミャンマーより5人入国します。
      2019/1/11・2019/1/9にべとなむより2人入国しました。
      2019/1/11・2019/1/8にべとなむより2人入国しました。

外国人技能実習生受入れ管理団体

弊社は、ベトナム・カンボジア・インドネシア・ミャンマーより受入れています。